mothercoat limited edition "アウターホン"
いわゆる「全国リリース」という販売形態に対する2005年「インターホン」リリース当時の思いの丈をトキロックが渾身のラップに織り込んだ異色作。
100 JPY
リリース日: 
2005/10/12(水)
仕様: 
  • メディア:1track download limited edition
  • 型番:BJR-L001
  • 発売元:bonjin_records
  • ARE YOU INDEPENDENT? vol.1招待者贈呈盤(非売品)収録曲
商品説明: 

本作『アウターホン』は"T"RUST OVER 30 recordings(漢シオミタロウが運営する『インターホン』の発売元レーベル。)主催による新宿Motionのオープン記念イベント「ARE YOU INDEPENDENT?」への出演を依頼されたことを発端に制作されたものです。
イベント特典でコンピを制作するというのでトラックの提供を要請されたのですが、 mothercoatはコンピであれなんであれ音源を被らせてリリースすることを嫌うために、現状リリースできるクオリティで余っている音源がないことが出演を快諾できない一因ともなっていました。
そこで発売間近の『インターホン』のコマーシャルソングを楽しい感じで作ってしまえ!といった軽いノリの音源ならば、被りもなく提供できるということで制作が決まったのです。

そんな軽い気持ちでバックトラックを作り始めたDJギガディランでしたが、ドラムループを作ってる最中にかなり熱いパターンが浮かんでしまい、いつしか遊びで終われないトラック ができ上がってしまいました。
一方、今回の『ARE YOU INDEPENDENT?』というイベント名に触発され、また常々いつかは洒落で押韻ラップをやりたいなと思っていたMCトキロックは、DJギガディランが5拍子でトラックを作っているらしいとの情報を小耳に挟みつつも、敢えて音源は聴くことはせずに、これまでのmothercoat リリースの屈辱と栄光の歴史を思い返しつつ、構想一週間制作二時間で詩を書き上げました。

ボーカルレコーディングの段階で音源を聴き、5拍子に合わせてラップすることを即座に諦めたMCトキロックは、音源の区切れを合わせる事のみでボーカル録りをし、そこへmothercoat初代ギター明星氏の小さな突込みを入れてもらいました。異様な盛り上がりを見せるレコーディングに触発された明星氏は生来の変態性を発揮して5拍子にあろうことか7拍子のギターを乗せてきたのです。気持ちいいのか悪いのかわからない、けどなんだかすごい迫力を帯びてきた音源に、mothercoat初代ドラマー内藤氏のリアルかつけだるい営業MCとDJギガディランのサイケなコーラスが随所にちりばめられ『アウターホン』が完成したのでありましたt。ただでさえ『インターホン』のリリース準備で糞忙しい時期に不必要に力の入ったおバカな衝動的作品、これが『アウターホン』です。

トラック試聴: